FGO漫画セプテム.1(二次創作)「ダヴィンチちゃんがいっぱい!?」他作品と徹底比較!

2019年02月26日

fgo二次創作まんが「ダ・ヴィンチちゃんがいっぱい」

FGOの主要キャラクターと言えば「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ダヴィンチちゃん)」

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」というよりはどうみても彼の代表作、ガンバレルー・・じゃない「モナ・リザ」にしか見えないその容姿。

マテリアル4では女性と記載されていますが、本編では主に「男の娘」扱い。

二次創作もロマンとのそっち系の作品が多いのですが、真相はいかに・・・。

 

第二部には「ちっちゃいダヴィンチちゃん登場!?」

FGOの公式サイトを見ると、第二部のメインイラストに「ちっちゃいダヴィンチちゃん」が登場します。

ネタバレになってしまうので、真相はFGOをプレイして確かめてください。

ヒントは空の境界の青崎橙子。・・・ちょっと違いますかね。

 

「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば芸術家のイメージが強いですが、歴史の教科書で医学(解剖学)や科学・工学でも名前が載っているのに気づいたでしょうか?

実は全て同一人物。

つまり彼は芸術家でありながら科学・工学にも精通した「万能の天才」だったのです。

これが想像の世界ではなく、実際に存在していたというのが驚きですね。

FGOでもその異才は面白おかしく満載に表現されているので、未プレイの方は是非ともご自身の目でお楽しみください。

fgo二次創作四コマ漫画『MMS』