FGO漫画ロンドン6.(二次創作)ヴァン・ホーエンハイム違い。エドのおやじが来ちゃった

2019年08月10日

ヴァン・ホーエンハイム違い。エドのおやじが来ちゃった FGO漫画(二次創作)

アラフォー世代のヴァン・ホーエンハイムって言ったら『鋼の錬金術師』のコノ人

ヴァン・ホーエンハイムって聞いたら、真っ先に『鋼の錬金術師(ハガレン)』の最重要キャラにてエドの父ちゃんのこっちを思いついてしまった人も多いはず。

フラスコは「フラスコの中の小人(ホムンクルス)」を彷彿させます。

見ての通りの超美形の優男風なので、ゴツイおっさんをイメージしていたアラフォーには違和感アリアリですね。

 

『鋼の錬金術師(ハガレン)』と『FGO(Fate/Grand Order)』ヴァン・ホーエンハイムの違い

鋼の錬金術師のヴァン・ホーエンハイムは言わずもがな『錬金術師』。

FGOのほうも伝説の錬金術師と評されていますが、『魔術師』の肩書きのほうが強いようです。

『賢者の石』はスキルとして持っているようですが、ハガレンほどの爆発的な威力を持つものではないもよう。

ミドルネームのように書かれている「パラケルスス」は、彼が自称するペンネームのようなものだという説もあるそうです。

ちなみにハガレンの方で勘違いしそうな「クセルクセス」は、当時仕えていた王様の名前で後の遺跡になった場所。

間違えるのは私だけでしょうが・・・。

 

ヴァン・ホーエンハイムの登場するFate作品

●Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ

●Fate/Grand Order

Fate/Prototyepeは公式サイトから抜粋しますとー

『2010年にショートムービーとなってリファインされた作品「Fate/Prototype」。その8年前に起きた聖杯戦争を描く長編小説。』

と、ちょっとアラフォーの頭では理解できない設定なのですが、まあいわゆるFateのスピンオフシリーズのことのようです。

よくでるガチャでみかける「男セイバー」はこちら出身のもよう。

他にもヘンリー・ジキル、アーラシュ、オジマンディアス、静謐のハサン、ブリュンヒルデも「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」出身みたいです。

小説ではなくドラマCDだけの発売で、最新5巻は2019年11月27日(水)に発売されるそうですね。

ドラマCDかー・・・時間のないアラフォーにはハードルの高いツールですね・・・。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」ドラマCD公式サイト

ホームページ見る限りめちゃめちゃ面白そうなんですけどねー。

fgo二次創作四コマ漫画『MMS』